和歌山県岩出市にオープンした整体院です。「自律神経」の乱れを整えることで快適な生活を送れるようバックアップします。

RSS

肩こりや肩の痛み、つらさをストレッチで軽減

カテゴリ : お知らせ
寒くなってくると肩こりでつらかったり、ぎっくり腰になったりしていませんか?
同じ姿勢をずっとしていると、筋肉を使っているところがいつも同じになってしまい筋肉疲労で硬くなります。
また、痛みをかばう動作で身体の違う部分に不調が出てくることがあります。

そうならないために痛みやつらい症状は、我慢せずになるべく早く治すほうが早期改善につながり、身心共に快く毎日を送れますね。
同じ姿勢が多い方や痛みや不調がない方はしっかりとセルフケアして予防していきましょう。
 
今回は肩や肩甲骨周りのストレッチを紹介させていただきます。
ストレッチの目的は「筋肉を良好な状態にする」ことで、効果は①筋肉や周辺組織の柔軟性の改善②筋肉の緊張緩和③血流改善④神経機能の向上⑤筋肉量低下の抑制 などです。
これらは筋肉の痛み緩和や関節を動かしやすくする、身体のパフォーマンスの改善、障害の予防などがあります。
例えば…筋肉の柔軟性が不足した状態でスポーツを行うと、捻挫や肉離れ(挫傷)を起こしやすいですが、ストレッチにより柔軟性を改善するとケガは少なくなります。
『体が柔らかい人はケガが少ない』と昔から言われていますね。
メジャーやプロ野球で活躍しているイチロー選手はネクストバッターボックスでは、常に体を動かしていると聞いたことがあります。
 
ストレッチの注意

無理をしない
無理に筋肉を伸ばそうとすると、筋肉やスジ(太い筋肉や腱)を痛める可能性があります。
人と比較しがちですが柔軟には個人差や男女差があります。
自分に合ったことを毎日できるように習慣にすることが重要です。
 
温まった状態で行う
冷えた状態では筋肉が硬いので「入浴後にストレッチを行う」または「事前に軽い運動を行う」ことでより効果が高くなります

リラックスして行う
精神的に緊張しているときは筋肉も緊張しています。また、呼吸と止めると筋肉が硬くなります。リラックスして呼吸をして下さい。
 
ケガをしたときは行わない
捻挫などしたときは炎症を広げてしまう可能性が高いので避けて下さい。
 
ゆっくり行い、適度に伸ばした後は20秒程維持する
筋肉を早く動かすと体の防御センサーが反応して筋肉が硬くなり、逆効果です。
 
 

肩や肩甲骨のストレッチ


ストレッチを行う前と後にして下さい。
肩に手を置き、前後に5回ずつ肩を回してください。
背中の肩甲骨が動いているか意識しながらやっていきましょう。
 
 
 
腰に手を当てて立ちます。
肩をいっぱいまで上げ3秒息を吸います。
肩を思いっきり下げて3秒息を吐きます。
肩が前に出ないように注意しましょう。
3回やってみましょう。
 

 
お尻の前で手を組み、腕を上げて10秒保持します。
3回やってみましょう。



2018-01-20 14:00:00

年末年始について

カテゴリ : お知らせ
本年は12月29日までとなっております。
平成29年12月30日~平成30年1月4日まではお休みですが、4日は予約の方のみ施術させていただきます。
平成30年1月5日からは通常となります。
どうぞよろしくお願いします。

2017-12-27 18:52:35

MINAに掲載されました

カテゴリ : お知らせ
MINA 2月号のMY FAVORITE SHOPでゆう整体院が紹介されました。




2017-12-20 20:00:00

お風呂で免疫力を上げて、肩こりや腰痛の軽減

カテゴリ : お知らせ
肩こりや腰痛ってとても辛いですよね。
肩こりや腰痛で悩んいる方に「お風呂に浸かっていますか?」とお聞きすると、シャワーで済まされる方が多いです。
シャワーだけで済ませてしまうと体の表面しか温まっておらず、老廃物が溜まりやすく血流循環も悪くなり、身体が冷えて肩こりやむくみ等になりやすいです。そして、汗の中のアンモニア濃度が高くなり体臭がきつくなります。
免疫力も低下しやすいので風邪を引きやすい等病気に弱い体質になってしまいます。また、自律神経(副交感神経)にも良くない影響が懸念されます。
湯船に浸かる事で水圧がマッサージと同じ効果になり、筋肉疲労肩こり腰痛の軽減になります。湯船に浸かり体温を上げて免疫力と血液循環を向上し、内臓も活性化させましょう。
 
お風呂についてのアドバイス。

入浴前後に1杯の水を飲みましょう。
入浴中の発汗により血液粘度が高まり、ドロドロになるのを防いでくれます。
身体を芯から温めるには、熱い湯船に短い時間で入浴されるよりも、一度に長時間入浴されるよりも髪を洗うなど休憩しながら入りましょう。
銭湯に行くと風呂上りに牛乳を飲まれる方もいらっしゃると思いますが、牛乳に含まれる「ビタミンA」がお風呂上がりに乾燥した肌を内部から防いでくれ、少しきつめの運動やお風呂上がりに牛乳を飲むと肝臓の働きが促進され、血液中の水分が増える効果があるようです。体内に水分を蓄える機能が高まるので、これを一週間に3回、4週間続けると発汗機能が20%アップするようです。
そして、体が温まると毛穴が開き余分な脂質や毛穴の汚れ、溜まっていた老廃物や雑菌をキレイに洗い流すことができるため、美容にはとても効果的です。熱いお湯で短い時間の入浴だと、肌に本来必要な皮脂まで流れ出してしまいます。入浴後のお肌は想像以上に水分が失った状態になっているので、なるべく5分以内に保湿ケアをすることが大切です。
 
お風呂に入るタイミングは入浴後体温が下がるときに睡眠に入りやすいので、寝る二時間前に入るのが良いとされています。カルシウムは寝ている間に吸収され、骨を作るばかりではなく、筋肉の収縮を調整する役割があるから筋肉の疲れをとってくれます。さらに、神経の興奮にも調整作用があり、貧血対策にもなります。
 
健康的な身体を手に入れ、『笑顔溢れる日々を』過ごしていきましょう。
2017-10-27 20:00:00

お客様からよく受ける質問 (湿布について)

カテゴリ : お知らせ
足首をひねった時やぎっくり腰になった時はどうしたらいいの?湿布を貼ったらいいの?

私は「すぐに氷のうやアイスノン等で冷やして下さい。」と伝えます。
なぜなら、時間が経過していないケガは『急性』と言い、急性のねんざやぎっくり腰等には多少の炎症が起こり熱や腫れが出てきます。
『炎症』という文字を見ていただくと『火』が2回書かれており、火を消すという意味でアイシングの方が熱感や腫れは鎮まりやすいと考えます。
湿布にも「薬成分が入っている鎮痛消炎の物」「薬成分はなく冷却の物」等の種類があります。湿布も症状に合わせて使い分ける必要があり、炎症を抑えるには湿布よりアイシングの方が効果的と考えます。
痛みや炎症がある時に無理をされ、体を酷使すると更に症状が強くなる可能性があります。

 
アイシングのやり
氷のう等で患部を約20分間冷して、20分間は何もしない。
再び患部を20分間冷して下さい。
負傷してから10分以上経過すると効果は下がってしまう事もあるので、なるべく早くアイシングして下さい。
また、氷で冷やす際は凍傷を防ぐ為にタオル等で包んで患部を冷やすようにして下さい。
 

温湿布はいつ使うの?
温湿布にはトウガラシ成分(冷湿布にはメントール)が入っています。
温湿布でポカポカ感じるのは毛細血管を拡張させ血流を増やす事により、皮膚の温度を約2度上げる事があるとも言われていますので、一般的には慢性の肩こりや腰痛に使う方が楽に感じる人が多いようです。
 
湿布の効果はいつまで続くの?
おおむね2~3時間効果が最大となり徐々に下がりますが、成分がなくなったわけではありません。
1日1~2回の貼り換えで効果を保つように作られていますが、ずっと貼っておくと汗で蒸れる・かぶれ・赤み等の皮膚のトラブルになる可能性があるので、かゆみや痛み等の皮膚の異常を感じたら湿布を剥がして皮膚を休ませて下さい。
かゆみや痛み等の皮膚の異常を感じない方でも4~5時間で剥がして、皮膚を休ませて下さい。
2017-10-06 17:12:40

前へ 1 2 3 4 次へ

定休日カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
… 午後休み
… 休み

院情報、アクセス

ゆう整体院

【住所】
和歌山県岩出市金池423-1
フロンティア21北棟C号

【TEL】
0736-79-3243

【営業時間】
午前 9:00~正午
午後 3:00~8:00

【定休日】
木・土曜の午後、日曜
 

MAP